サイトトップ>姓名判断>安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス)
安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス) 人気ランキング : 4642位

販売元 :説話社
発売日 : 2005-01
発送可能時期 : 在庫あり。
非常に参考になりました。

名づけに非常に参考になりました。色んな本が出ていて、どれを基準にして名前をつけるべきか迷った時に出会ったのがこの本です。苗字も含めて、良い名前を導き出す方法について言及されているのは結構少ないと思います。
この本に書かれているのは、他の姓名占いの本にも共通するもののようで、この本でよい名前は、おおむね他の姓名占いでも良い名前となっているように感じました。

分かりやすい本でした

基本は押さえている感じです。
字を選ぶのに全く苦労しませんでした。
ただ「こういった子になってほしい」という時の
漢字の選び方などがあったらもっと良かったです。

姓名学の基本にそっています。

今まで、名付けの本は3冊買いました。
また、姓名判断のいろいろなサイトを見てまわりました。
そこで分かったのが、姓名判断は同じ名前でも流派によってかなり結果の違いがあります。
画数の数え方は旧字体によるものと常用漢字によるものがあります。
初めて姓名判断があみだされたのは旧字体による判定方法で、
漢字が持つ本来の意味を重要視しています。
旧字体による姓名判断を基本にして、改良されたのが常用漢字による姓名判断です。
また姓名判断の基本は5運(天運・人運・地運・外運・総運)だけでは判定できません。
ですが大抵の本はここまでの解説で終わっています。
安斎先生の本は姓名の陰陽のバランス、姓と名の音の五行、文字の語源(漢字の本来の意味・成り立ち)など、重要なことが解説されており、
更には、その他の注意点、父親の一字の入れ方など説明されています。
(※本来、姓名判断の基本は、漢字の成り立ちを重要視しています。)
幸は倖を使った方がいい、語源が良い文字(にんべんの文字)などが紹介されています。
名前の例は挙げられていませんが、
最近ありがちな読めない名前、漢字なのにキャラクターみたいな名前、意味が変な名前の例が多数挙げられてページをさいて、
肝心な姓名判断は上辺だけ解説しているよりは、むしろないほうが良いと思いました。
姓名判断のみにこだわっており、ページをさいているので、本自体に重みがあります。
また安斎先生の本は、上手にまとめられており、読みやすく、容易に理解できます。
名付けのプロセスも載っており、簡単に運がいい名前を考えることができます。
名前の例が主の本とこの本を合わせて購入するのもいいと思います。

イチから名前を考えたい人向き

購入した安斎先生の2冊のうち、こちらはかなり役に立ちました。

姓と名の組み合わせ見本は解説中にしか載っていませんが、そのかわり姓の画数から良い名の画数を導き出す順序と方法が
丁寧でわかりやすかったです。また画数が持つ意味の解説も詳しく、同じ大吉でも画数が違うとその性質が違うことがわかり、
画数選びの際に大変参考になりました。

また解説の中で凶画数には「開運のポイント」、そして吉画数にも「吉数を生かすには」という見出しでコメントがあります。
巷によくありがちな「字画を整えてハイおしまい」や「とにかく凶数だから吉数になおしましょう」という画数一辺倒主義ではなく、
「吉数でもそれに甘えていてはいけない、たとえ凶数でもその画数の持つ性質に応じてまず努力してみてください」
という安斎先生の優しい心づかいがそこから感じられます。

名付けには必須な本かと

 この本はいいです。お薦めです。
 筆者によると,「勝」という字は,名付けには良くないんだそうだ。
しかし,これは筆者自身の名前であり,筆者は改名することなくそのまま使っている。
 その理由は「自分で気をつけるべき事が分かっていれば大丈夫」なんだそうだ。まずその精神が素晴らしいと思う。

◎お薦めの理由
★「人運」「地運」「外運」「総運」の4運をすべて吉数に整えるための早見表が付いている。自動的に,吉になる名前の画数が導き出されて非常に便利です。
★単に画数だけではなく,「名前にすると良い文字・良くない文字」や「音の五行を吉にする方法」,そして「その他の注意点」などを分かりやすく教えてくれます。
★画数別に「名乗り」といって,名前用の読み方の種類が結構多く掲載されています。
★新人名漢字に対応しています。

△惜しいといえる点……なんだろうか(?)
・名前の例はありません。それが欲しい人は,別の本も購入されると良いでしょう。しかし,吉数の早見表に沿って導いていくと,画数は自動的に出てくるので,後は画数別の漢字表の中で,自分の気に入った漢字を選ぶだけ。名前の例があれば更に良いのでしょうが,マイナスになるほどのものではありません。
それより,プラスの部分がとても多いので,ぜひ,使用されることをお薦めします。

サイトトップ>姓名判断>安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス)
Amazon WEB Service